送金の際に何が行われるのか

同銀行・同支店内では、簡単に資金が移せます。
同支店単位で見ると、現金の移動がないためです。

Aさんの口座から、Bさんの口座へ10万円を送金すると仮定します。
銀行は、Aさんの口座残高を10万円分減らし、Bさんの口座残高を10万円分増やします。
このように、帳簿上での操作だけで済み、現金を移動させなくて良いのです。

では、Aさんが北海道支店の口座・Cさんが沖縄支店の口座というケースではどうでしょうか?
同銀行であれば、前回説明した為替と同じ感覚である事に気づくと思われます。
つまり、銀行全体で見れば、現金の移動は発生しません。
Aさんの口座残高を10万円減らし、Cさんの口座残高を10万円増やす作業が、支店ではなく銀行全体で行われます。

Aさんが、Dさんの持つ別銀行口座に送金するケースはどうでしょうか?
銀行が異なるという事は、その分片方の銀行の資金が消滅し、もう片方の銀行の資金が増えるため、帳簿上の操作に留まらず、実際に現金の移動が行われると思われます。
ところが、感覚としては正しくても、実際の現金移動は起こりません。

日本国内の銀行は、日本銀行に口座を開設する義務があります。
銀行同士における資金のやり取りは、それぞれの銀行が日本銀行に開設した口座同士で、帳簿上の操作をもって完了するとされています。

先述の例で説明すると、以下の通りになります。

Aさんの口座からDさんの口座に10万円を送金する
└Aさんが口座を持つ銀行が日本銀行に開設した口座の残高が10万円減る

Aさんの口座からDさんの口座に10万円が送金される
└Dさんが口座を持つ銀行が日本銀行に開設した口座の残高が10万円増える

日本銀行が果たしているこの役割は、銀行の銀行と称されています。

このように、銀行同士による資金のやり取りによって、銀行以外の人々……つまりAさん~Dさんが送金・資金受け取りを行える事を、決済システムといいます。
銀行が担う決済システムは、重要な役割です。

photo

金融とは何か

金融は、書いて字のごとく、現金関係の世界で現金を融通し合う事の総称です。

日常生活において、融通という表現はあまり使われません。
融通するという事は、自身の余地・余裕を、他者に利用する権利を与えるという意味です。
つまり、現金を持つ人が、その現金の利用権を他者に与えるという事が、金融の本質なのです。

結局、物の製造・サービスの提供は、現金という形で対価を得る方法と言えます。
物作り・サービス提供という経済活動の裏には、常に現金の流動が存在します。
狭義で言う金融の役割は、経済活動による現金の移動が潤滑に行われる事です。

しかし、現金を得るために人・企業が経済活動を行っていると、結果として他者よりも多額の現金を手にする人が現れます。
他者より多いかはともかくとして、その場で使用する機会のない現金が貯まっていく人も存在するでしょう。
使用する機会が当分ない現金をさらに増やしたくなるのが、人情というものです。

ここで、物作りやサービス提供とは異なる、現金が現金を作り出す世界が現れます。
現金が現金を作り出すシステムそのものや、システムを整備するのが、広義での金融です。

その代表格が投資です。
どうすれば、自身が有する現金を増やせるかという点に関心を抱くのです。
預金・保険も、最終的には現金が利息・保険金という形になる意味では、1つの金融の流派でもあります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ