現金の役割。まずはお金の価値を理解する

お金の価値とは?

Business man on road heading toward a dollar sign concept

これから、お金を借りようかという人にとって、まず現金の価値を理解するということは、とても大切なことです。

貨幣価値というのは、学校の社会科で習ったことがありますが、なかなか人にその価値をうまく伝えられる人はいません。

まずは小学校に戻ったつもりで、現金の価値について学んでみてください。

現金が存在する事で、交換してくれる相手が存在するか否かという、物々交換の弱点の解決が容易になります。
全ての商品は現金で購入可能であるため、ひとまず自身が所有している物を現金に換える……つまり売却すればいいのです。
これは、一般的には「交換手段」と称されます。

交換手段であるという事は、すなわち全ての物の価値が、現金として表れる事を差します。
これは、価値の尺度と称されます。

一般的には、現金が腐る事はありません。
生鮮食品ならば、腐敗や味の変化が起こるため、いつか交換する時に備えて保存しようとしても、容易にいかない事があります。
しかし、現金であれば、使用機会がなければ保管しておき、必要になった時点で使用できます。
これが、価値の保存手段です。

現金に価値がある理由。それは中央銀行が主張しているから

1万円紙幣そのものには、1万円もの価値は存在しません。
500円硬貨に使われている金属にも、500円の価値はありません。
1万円紙幣を役所に持っていったところで、金・銀など貴金属と交換できる保証もありません。
つまり、1万円紙幣には、価値を決める物理的な裏付けは存在しないのです。

それでは、1万円紙幣が1万円相当の価値を持つ理由は何でしょうか?
それは、国や中央銀行がそう主張しているためです。

国が支払う公務員の給料・公共事業代金の全てを、現金で済ませると考えると簡単です。
公務員の1ヶ月分の給料25万円分を、1万円紙幣25枚で受け取った例で説明します。
25万円を支給されたと理解する理由は、国が1万円紙幣の価値を偽るはずがないと信じているからです。

公共事業代金1億円を受領したゼネコンにも、同じ事が言えます。
1億円を実際に受領したと考えるのは、国が支払ったためです。

国は、偽造紙幣・硬貨の対策を実施しています。
現金が持つ価値の基盤である、国や中央銀行の信頼を維持する事が理由です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ